大会プログラム:3日目(2015年11月8日)

10:30-12:00 

事例検討(Case seminar)

①「困難事例」
  スーパーバイザー:橋本 和典(国際基督教大学)
② 「子どもの虐待、PTSDの事例」
  スーパーバイザー:ラルフ・モーラ
           (レイノルド・アーミー・コミュニティ病院)
③ 「思春期・青年期の事例」 
  スーパーバイザー:セス・アロンソン
           (ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所)
④ 「リエゾン精神医学・看護領域の事例」
  スーパーバイザー:河野 伸子(国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院)
            江崎 百美子(熊本県臨床心理士会)
                                      宇佐美 しおり(熊本大学大学院生命科学研究部)   

12:00-14:00

ランチタイム、理事会、総会

14:00-16:00

全体ケースセミナー「無力感の克服 Overcoming Helplessness」  
  コンダクター:小谷 英文(PAS心理教育研究所)
  事例提供者:宇治 雅代(熊本大学生命科学研究部生命倫理学) 

16:00-16:15 

振り返りと閉会式