大会プログラム(大会1日目:2012年9月1日)

9:30〜11:00

開会講演・大グループ (専門家向け)
「 災害・外傷・専門の貢献 」
  大会会長:小谷英文(国際基督教大学 教授)

プログラムの紹介はこちらのページヘ

11:30〜13:00

大会基調講演(一般公開) 【DCP】
「災害:その心理的影響と回復における見えるもの、見えざるもの」
  講演: ボニー・ビュークリ(国際集団精神療法・集団過程学会 理事)

プログラムの紹介はこちらのページヘ

14:30〜16:30

大会フォーラム(一般公開) 【DCP】
「地震、津波、原子力問題の状況に我々の専門性が寄与できることは何か」  
  司会:
   セス・アロンソン (ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所 ファカルティ)
   西川 昌弘 (国際基督教大学大学院 准教授)
  パネリスト:
   田野井 慶太朗 (東京大学大学院 准教授) 「放射性セシウムの農産物への影響」
   足立 智昭 (宮城学院女子大学 教授)   「子どもに見る震災の影響」
  指定討論者:
   鹿島晴雄(国際医療福祉大学保健医療学部 教授) 

プログラム紹介はこちらのページヘ 

16:30〜17:30

「全体グループセッション」

  リーダーシップ:
   小谷 英文(国際基督教大学 教授)
   ジュディス・デイビス (Performance Development Associates 代表)

19:00〜21:00

懇親会
 会場:仙台国際ホテル(送迎バスがございます)