【New!】力動的事例スーパーヴィジョン第6回(2016年10月)のお知らせ

IADP_DCSV_6th 国際力動的心理療法学会では、2016年10月15日(土)に、力動的事例スーパービジョンの第6回を開催します。

 第6回は、「うつと森田療法 」をテーマに、北西憲二先生をスーパーヴァイザーとしてお招きします。

 北西先生は、日本独自の精神療法である森田療法を研究、実践し、外来個人精神療法としての森田療法を現代の複雑化する「うつ」などの問題に対しての適用を進めている先達でいらっしゃいます。  

 不安や悩みのあるがままを受け入れる東洋思想に基づき、その奥にある自己愛あるいは強迫の病理に焦点をあて、ダイナミックに生き方をとらえなおし、自身を生かしていく、心理療法の理論・技法・態度を学んでみましょう。 

【対象】
心の教育・治癒・治療に関わる専門家で、力動的心理療法/精神療法・ 精神分析・力動論・集団力学に関心のある方、専門家を目指す大学院生 

【事例発表者募集中】
セミナー当日事例を発表する方の募集締め切りを9/26(月)に変更いたしました。
森田療法の事例に限らず、慢性うつ・慢性不安の事例を広く募集します。ご関心のある方はぜひお申し込みください。

力動的事例スーパーヴィジョン第6回のチラシはこちらから
申込書はこちらから