IADP会則

国際力動的心理療法学会(IADP)会則

第1条(名称) 本会は,国際力動的心理療法学会(International Association of Dynamic Psychotherapy,略称IADP)と称する。

第2条(目的) 本会は,心理療法に関する本質的知識と技術の集積を,力動的見地から行い,心理療法の人類にとっての意味を深め,その臨床効果性を高める研究を推進することを目的とする。

第3条(活動内容) 本会は,前条の目的を達成するため,次の活動を行う。

1)  年次大会・ワークショップを開催する。
2)  日本および諸外国の研究者との小回りのきくネットワークを作る。
3)  日本および諸外国の研究者を招聘して,ワークショップを行う。
4)  世界ネットとつながることができる臨床家としての実力の精錬研磨を相互に行う。 

第4条(会員) 本会の会員は,心理療法に携わっていると認められる医師,臨床心理士,看護,その他の精神衛生の専門家,及びそれらを目指す学生とする。

第5条(役員) 本会に,次の役員を置く。

1)  理事長
2)  理事
3)  事務局長(理事の中から選任される)
4)  監事

第6条(事務局) 本会は,事務局を,原則として理事長の所属する機関内に置く。事務局は,事務局長及び事務局員で構成される。事務局員は原則として,事務局のある機関から選出される。 

第7条(理事会) 事務局長は,理事長の発議または2名以上の理事の要請に応じて,理事会を開催する。理事会は,役員及び事務局員から構成される。

第8条(役員選出) 
1.  理事は選挙によって、会員より選出する。
2.  理事長、事務局長、および理事の各担当は理事より互選によって選出する。
3.  監事は、理事長による任命とする。

第9条(会計年度) 本会の会計年度は,9月から翌年の8月とする。

第10条(入会手続) 本会に入会するには,入会申込書を事務局に提出するとともに,入会金1,000円を納入することとする。

第11条(会費) 年会費は5,000円とし、振込にて納入することとする。

第12条(退会) 年会費を3年連続で納入しなかった場合には、自動的に退会したものと見なす。

第13条(年次大会) 年次大会は,理事会で選出された大会会長が中心となり,年1回開催する。大会会長は,大会スタッフを選出し,大会実行委員会を組織する。また,大会会長は理事会に,大会の計画及び準備経過を報告する。

第14条(会則の改正) 本会則の改正は,理事会の多数決によって行うことができる。

付則

1.  本会則は、2015年11月より実施する。